後輩の結婚祝いに包む金額は?おすすめのギフトも合わせて紹介

結婚祝い

後輩の結婚祝いには何を贈るのがベストなんでしょうか?

恥ずかしくない金額の目安から、おすすめの品物まですべてまとめました。

後輩に贈る結婚祝いの金額の相場は?

後輩に現金で結婚祝いを贈る場合の目安は2パターンあります。

1つは「個人」で贈る場合。もう一つは「連名」で贈る場合です。

個人で包む金額の目安

個人で現金を包む場合はの目安は

20,000円~30,000円

です。

職場関係の人や知人の結婚祝いは、一般的に30,000円包めば申し分ないといった感じですね。

1人で現金を包むとなれば、先輩としてこれくらいは包んでおきたいところ。

連名で包むときの一人当たりの金額の目安

職場関係の結婚祝いは、どちらかというと連盟で贈るケースの方が多いと思います。

この場合一人当たりの金額の目安は

3,000円~5,000円

と一気に負担が減ります。これが連盟の良さですね。

人数によって調整する必要もありますが、多くても1人5,000円といったところ。

後輩の結婚祝いにおすすめのギフトは?

上記まではご祝儀の話をしてきましたが、後輩に現金以外のプレゼントを贈るケースも多いと思います。

先輩から贈るにふさわしい、格好のつくセンスあるギフトをラインナップしておきます。

結婚祝いは他の人からも色んなプレゼントをもらうので、形に残るものよりも記憶に残るギフトを選ぶのがポイントです。

夫婦2人の思い出をプレゼントできる「体験ギフト」



モノではなく体験を贈る。

体験型のカタログギフトは、数あるギフトの中でもハイセンスな贈り物ですよね。

先輩から後輩へのプレゼントとしてもかなり気の利いたものになると思います。

カタログギフトなのでこちらが選ぶ手間も省けますし、結婚祝い向けの体験がラインナップされたカタログもあるのでおすすめです。

グルメ系のカタログギフト



グルメ系のカタログギフトは後々かさばることがないので、いろんな人からら結婚祝いをもらう中でもけっこう喜ばれます。

実際にサイトを見ると分かるんですが、5,000円クラスのカタログでも心躍るグルメラインナップになっています。

ペアのカトラリーなんかも一緒に掲載されているので、結婚祝いにもピッタリだと思いますよ。

先輩として後輩に恥ずかしくない結婚祝いを贈ってあげよう

先輩として、後輩の結婚祝いには恥ずかしくないお祝いをしてあげたい…。

職場の雰囲気は、普段身内の人には見られないところですが、こういった場面でふと表れてくるものです。

後輩のお祝いごとにしっかりと花を添えてあげられる先輩になりたいですね。

スポンサーリンク