お宮参りのお祝いは必要?お宮参りのマナーまとめ

赤ちゃんが生後約1ヶ月で迎える「お宮参り」。

赤ちゃんの健やかな成長を願う行事として広く知られていますが、そもそもの始まりはそんな単純なものではありません。

  • お宮参りの由来
  • お宮参りのお参りマナー
  • お宮参りのお祝いについて

大きくこの3つに分け、順番にお宮参りマナーを見ていきましょう。

赤ちゃんの健やかな成長を願う「お宮参り」

お宮参りの由来

お宮参りは、「赤ちゃんの健やかな成長を願う」お祝い事です。

お宮参りの由来

もともとお宮参りは、「氏神様に”氏子入り”を認めてもらう」ことを目的とした行事でした。

氏子入りを認めてもらうというのは、イコール「その地域の一員として認められたという意味」です。

また、出産した母親の忌明け(お産による不浄の期間の終わり)の儀式という側面も持っていたそうです。

お宮参りには、本来このような意味があったんです。

現在では単純に”成長祝いの1つ”のような感覚で祝われていますが、その始まりを知っておくとまた違った感覚でお祝いが出来ますね。

赤ちゃんの服装「祝い着」

お宮参り当日は、赤ちゃんに「祝い着」を着せてあげるのが正式な祝い方となります。赤ちゃん用の晴れ着ですね。

最近では「出産祝い」としてお宮参りの祝い着を贈る場合も多いみたい。

ちなみに、祝い着は実家から贈るのが習わしです。

値段はそこそこしますが、レンタルの祝い着もあるので検討してみてはいかがでしょう?

お宮参りのお参りマナー

お宮参り

お宮参りの時期は?

お参りの時期は地域によって変わってきますが、一般的にはこの時期が正式だと考えられています。

  • 男の子・・・生後31・32日目
  • 女の子・・・生後32・33日目

男の子と女の子で違うんですね。

実際多くの場合は、この日を目安に都合によって前後することになります。無理してこだわる必要はありません。

生後2カ月より前”くらいを目安に考えておけば大丈夫。

お祓いのお礼「初穂料」

お宮参りでは、神社で「お祓い」と「祝詞の奏上」を受けます。

その際には神社へのお礼である「初穂料」を準備しましょう。

初穂料

古い時代、採れたお米や農作物を神様に捧げ、日々の感謝やお祈りをしたことが由来

神社が金額を指定している場合もありますが、大体相場は5,000円くらいです。

表書きの下には赤ちゃんの名前を書きます。

初穂料の表書き
  • 水引・・・蝶結び
  • 表書き・・・御初穂料

お宮参りのお祝いは必要?

お宮参りのお祝いは、一般的にしないケースがほとんどです

どうしても贈りたい場合は、「身内は1万円」「その他知人は5,000円」を目安としましょう。

お宮参り祝いの表書き
  • 水引・・・蝶結び
  • 表書き・・・お宮参り御祝、御祝

スポンサーリンク