熨斗(のし)って何?のし紙の種類と使い方

のし

皆さんは「のし」の正しい使い方を知ってますか?

現代は”のし”と”水引”を一緒に印刷した「のし紙」を使って、贈り物を包むのが一般的。

今回はそんなのし紙の使い方を紹介したいと思います。

 

のしってそもそもどんな役割があるの?

「内のし」と「外のし」の違いは何なの?

などなど、のしに関するマナーを全てまとめました。

ぜひ贈り物を贈る際の参考にしてください。

「熨斗(のし)」とは

のしの始まりは、今も高級食材として扱われている「鮑(あわび)」です。

日本では昔から祭事の際に、海産物が神仏への供物として備えられていました。

その中でも鮑は「百年の生を持つ貝」として特別大切にされていたみたいです。

 

そんな鮑が縁起物とされるようになったのが室町時代。

出陣前の料理に、干した鮑を木槌で打ち伸ばし末広がりに成型した「伸し鮑(のしあわび)」を添えていたそうです。

木槌で「打つ」が、敵を「討つ」にかかってるんですね。干し鮑は、戦地で保存食の役割も担っていたそうです。

 

贈り物に伸し鮑が添えられるようになったのは江戸時代。

長寿の象徴とされる縁起物の伸し鮑は、贈り物の折に束ねて水引で結んでいた形を模して「折り熨斗」として付けられるようになりました。

伸し鮑の包み方を”折り熨斗”と呼んでいたんです。

熨斗(のし)の由来
  • 伸し鮑の「伸し」を「熨斗」に当てた
  • 贈り物に添える伸し鮑の包み方を「折り熨斗」と呼んでいた

折り熨斗の形

折り熨斗の形は「真」「行」「草」「蝶花形」の4種類。

使い分けはこちら。

  • ・・・目上の人へ、または結婚式で使う折り熨斗
  • ・・・同輩や目上の人への折り熨斗
  • ・・・親しい間柄や友人への折り熨斗
  • 蝶花形・・・何に対しても使える折り熨斗

のし紙の使い方

のし紙は、水引とのしが一緒に印刷された紙です。

もともとは贈り物を白い和紙で包み、水引で結んでいました。

主に和服を贈る時に使われていて、慶事には赤い和紙弔辞には白い和紙で包みます。

 

印刷技術が発展し始めた大正辺りから、簡略化された今の「のし紙」が作られるようになりました。

一見簡単になったようですが、そこにも慶弔によってマナーが存在するので注意しましょう。

慶事には「のし紙」、弔辞には「掛紙」

一般的にのしが印刷された掛紙を「のし紙」と呼びますが、弔辞には熨斗は添えないのがマナー。

ですから弔辞の掛紙にはのしは印刷されず、単純な「掛紙」を使って包みます。

  • 慶事・・・のし紙
  • 弔辞・・・掛紙

のし紙(掛紙)が余る場合

のし紙が大きくて包むときに余ってしまう場合。

左右どちらを上にして止めるかは、実は慶弔によって区別されています。

「慶事の際は右側が上」、「弔辞の際は左側が上」になるようにのし紙を留めましょう。

  • 慶事・・・右側が上になるように留める
  • 弔辞・・・左側が上になるように留める

「内のし」と「外のし」の違い

のし紙や掛紙で贈り物を包むには2種類の方法があります。

それが「内のし」と「外のし」です。

 

内のしというのは、贈り物に直接のし紙をかけてその上から包装紙で包むやり方。

外のしはその逆で、包装紙で包んでからのし紙をかけるやり方です。

要はのしが見えるか見えないかの違いですね。

内のしと外のしの違い
  • 内のし・・・贈り物にのしをかけてから、包装紙で包む方法
  • 外のし・・・贈り物を包装紙で包んでから、のしをかける方法

内のしと外のしの使い分け

内のしと外のしの使い分けは状況によって分かれます。

例えば、内祝いやお見舞いを相手に手渡しする時。

贈り物の目的が相手にはっきり伝わるように”外のし”を使います。

内のしはパッと見何か分かりませんからね。

 

贈り物は基本的に外のしにしておけば間違いありません。

しかし、贈り物を配送する場合は、配達中に破れたりしてしまう恐れもあるので”内のし”にすることが多いです。

その他、あからさまな贈り物アピールをしたくないときにも内のしを使うことがあります。

  • 内のし・・・控えめに贈りたい時、贈り物を配送する時
  • 外のし・・・持参して手渡しする時、贈り物だと分かりやすくしたい時。

スポンサーリンク