1万円以内のおすすめカタログギフトまとめ!収録ライナップも豊富です

カタログギフト

ここでは、1万円以内でプレゼントすることができる、おすすめのカタログギフトを紹介します。

収録ラインナップも多いので、もらった側も十分満足してくれるはず。コスパの高いカタログギフトです。

 

ちなみに、カタログギフトは高価なイメージがあるかと思いますが、安いものだと2,000〜3,000円からでも選ぶことができるんですよ。

1万円以内といってもいろんな種類があるので、どの価格帯のカタログギフトがお得かも合わせて紹介したいと思います。

1万円でプレゼントできるおすすめカタログギフト

早速ですが、1万円以内でプレゼントできるおすすめカタログギフト専門店をピックアップしてみます。

サイトの作りも綺麗なので、カタログを選ぶこちらもワクワクしてくるんですよね。

アンティナ ギフトスタジオのカタログギフト



アンティナギフトスタジオは、かさばらない「カード型のカタログギフト」が特徴的なお店です。

ブランドもののカタログも多く、これらも1万円前後で選ぶことができます。

幅広いギフトシーンに対応しているので、迷ったときにもおすすめ。

ソウ・エクスペリエンスの体験カタログギフト



ソウ・エクスペリエンスは、体験型カタログギフトを取り扱う数少ないお店です。

1万円のプランが最も収録体験数の多いカタログギフトとなっています。

2万円、3万円のプランもありますが、1万円以内のカタログで十分豪華なギフトを贈ることができます。

Gift Padのカタログギフト



ギフトパッドの最大の特徴は、メール一通でカタログギフトがプレゼントできるところです。

SNSやメールでURLを贈るだけで相手に贈ることができるので、手軽にプレゼントしたいときにおすすめのお店。

こちらも1万円前後で十分なカタログギフトが揃っています。

取り上げたのはギフト専門店として有名なサイトばかりですが、どれもカタログギフトをメインに扱うお店。

商品ラインナップが豪華でおすすめです。

おすすめカタログギフトの相場は1万円前後?

多くのカタログギフト専門店では、3,000円〜30,000円あたりの値段を中心にカタログプランが作られています。

値段がキリ良く決められていて、だいたい下記のような金額の商品が並んでますね。

  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 30,000円

種類は店ごとに沢山ありますが、金額はほぼこれだと思ってもらって構いません。

 

ちなみに、中には10万円を越える高級カタログギフトもありますが、これはかなり特殊な例…。

普通のギフトシーンではそうそう使うものではありません。

お祝いや内祝いのプレゼントにカタログギフトを選ぶなら、この4つの値段を頭に入れておくと良いです。

1万円のカタログギフトはコスパが良い

そして選ぶときに悩むのが、どの価格帯のプランを選ぶのかです。

これはギフトシーンによって違うので、それぞれの相場をリサーチする必要がありますが、カタログギフトでいうならば

  • 内祝い・・・3,000円〜5,000円
  • お祝い・・・10,000円〜30,000円

といった感じで使い分けることが多いです。

ちなみに「内祝い」と「お祝い」の違いが分からない人は下記の記事をご覧ください。

3,000円〜5,000円のカタログギフトは、内祝い向けなので「複数名に同時に贈るもの」に適したラインナップのものが多いです。

値段も安く設定してある分、1人に贈るプレゼントとしては若干物足りないかもしれません。

 

一方、10,000円〜30,000円のカタログギフトはお祝い向けで「1人に良いものを贈る」のに適しています。

1万円を超えたあたりからラインナップが豪華になってくるので、コスパでいうとこの値段が一番おすすめ。1万円と3万円で悩むのなら1万円のカタログギフトを選ぶと良いと思います。

お祝いの金額相場からしても、1万円のカタログギフトを選ぶ人が多いんですよ。

1万円前後のカタログギフトなら失敗はしません

カタログギフトの中身にがっかりした経験は誰しもあると思います。

不特定多数に贈る際は、金額をおさえる必要があるので仕方がありません…。

しかし、そういった失敗を避けたいのであれば、やはりコスパの良い1万円前後のカタログギフトがおすすめですね。

カタログ内のラインナップは購入前に確認することができるので、心配な方はしっかり目を通すように注意しておきましょう。

 

自分で選ぶ楽しさは他のギフトにはないカタログギフトならでは魅力。

今回紹介したポイントを押さえておくことで、プレゼントした相手に喜んでいただければ幸いです!

スポンサーリンク