結婚祝いはいつ渡すのが正解?贈るときのポイントをまとめます

結婚祝い ちょっとしたプレゼント

結婚祝いはいつ渡すのがベストなんでしょうか?

ここではそんな疑問に対する答えと、その他贈るときのポイントをまとめました。

結婚祝いはいつ渡すの?

結婚祝いを贈るタイミングに悩む人は意外と多いです。

「お祝いの品は当日持参するもの?」

「結婚の報告を受けたらすぐに渡していいの?」

などなど。実際タイミングも判断しづらいんですよね。

渡す品物によっても多少変わってくるかもしれませんし…。

 

結婚祝いはいつ渡すのがベストなマナーなんでしょうか?

親しい間柄であればさほど気にすることではないのかもしれませんが、ここでは一般的なマナーに沿った「結婚祝いを渡すタイミング」を紹介します。

結婚祝いは招待状をもらってから1週間前までに渡そう

結婚祝いを渡すタイミングは、一般的に「招待状をもらってから式の1週間前」までの間とされています。

親しい間柄で前段階で結婚の報告を受けていたとしても、招待状をもらう、または式の正式な日程を聞くまでは控えるのがマナーですね。

また、結婚する当人達からするとお祝いに対するお礼も考える必要があるので、余裕をもって最低でも1週間前までに届けるように準備をしておきましょう。

 

ご祝儀は結婚式の当日に持参しますが、お祝いの品物は事前に渡しておくというのがポイントです。間違えないように注意しましょう。

特殊な事情がない限り、結婚祝いはこの時期を目安に渡すのがベストです。

結婚祝いはどうやって渡すのが正解?

ついでに結婚祝いの渡し方も押さえておきましょう。

ちなみに昔ながらのマナーでいうと、結婚祝いは実家に直接渡しに行くものでした。

 

しかし、当然現代はそこまでする必要はありません。

現代の結婚祝いは、実家または当人が住んでいる自宅に配送するのが一般的

もちろん直接渡すのもOKですが、昔ながらの考え方で実家に贈り届けることにこだわる必要もありません。

ですから、相手が一番受け取りやすい方法を選んであげてくださいね。

スポンサーリンク