第二の人生の始まり!退職祝いおすすめのプレゼントまとめ

退職祝い

退職は第二の人生の始まりと言われます。

そんな節目を祝うのが「退職祝い」なんですが、退職理由も人それぞれ…。本人の気持ちを考慮すべきところはしっかり考えておく必要がありますよね。

ここでは退職祝いに関するちょっとした注意点(特別なマナー)をまとめつつ、最後に「おすすめの退職祝いプレゼント」を紹介したいと思います!

退職は第二の人生の始まり!

退職祝いは、職場で送別会を開くのが一般的です。お世話になった上司や同僚に感謝の気持ちを伝える最後の機会。

それが特別お世話になった人なら、なおさら喜んでもらいたいものですよね。

送別会の際は、職場の同僚でお金を集め「御祝金」や「プレゼント」を贈るのが定番。定年退職以外に限らず、”結婚”や”出産”にともなう退職の場合も同様にお祝いを贈ります。

退職の理由は人それぞれなので、お祝いの形は変わってくるかもしれませんが、ぜひ人生の新しい門出を気持ちよく迎えられるようなお祝いをしてあげてください。

退職祝いに現金を贈る時のマナー

退職祝いの表書きは「御礼」が無難

退職祝いの表書きは少し注意が必要です。

通常のお祝い事は「御祝」という表書きを使うのが一般的ですが、退職祝いの場合は本人の気持ちを考慮して「御礼」としておくのが無難。

色々な場面が想定されますが「御礼」としておけば間違いありません。

退職祝いといってもその退職理由は人それぞれ…。安易に「御祝」を使ってはいけないことも頭の片隅に入れておいてください。

退職祝いの表書き
  • 水引・・・蝶結び
  • 表書き・・・御礼、感謝

退職祝いの金額目安

退職祝いの金額目安は、相手との関係性や自分の年齢によっても変わってきますが「3,000~20,000円」とされています。

送別会のタイミングで渡すのがベストですね。

ただし、「目上の人に現金をプレゼントするのは失礼に当たる」というのが一般的なマナー。上司の退職祝いを準備する人はそこのところ配慮が必要です。

その対処法として、「赤白の水引き」よりも格上とされる「金銀の水引」を使うことがよくありますよ。

金額の目安
  • 同期・・・3,000~10,000円
  • 上司・・・5,000円~10,000円
  • 寿退社・・・5,000円前後

退職祝いのおすすめプレゼント

退職祝い

定番のプレゼントは?

ギフトの定番である「花束」ももちろん喜ばれますが、余暇を楽しんでもらうようなイメージでプレゼントを選んでみると思います。

例えば「旅行券」や「趣味のグッズ」はどうでしょう。退職祝いで喜ばれるプレゼントの定番ですね。

退職祝い定番プレゼント一覧
  • お酒
  • 花束
  • 商品券
  • 旅行券
  • 趣味のグッズ
  • 寄せ書き etc

おすすめプレゼント

名前入りの詩が刻まれた「お祝い酒」



感謝の思いを届ける名前入りの「お祝い酒」。退職するお酒好きな上司にはたまらないギフトじゃないでしょうか。

名前を織り込んだ詩(メッセージ)入りのボトルは、飲んだ後も一輪挿しなどのインテリアとして飾ることが出来ます。

「スパークリングワイン」「赤ワイン」「白ワイン」「麦焼酎」「芋焼酎」があるので、好みに合ったお酒を選んでみてください。

体験型カタログギフト



体験型のカタログギフト。

温泉、食事、アクティビティ、ディナークルーズなど、普段味わえないような思い出を贈ります。

幅広い地域のサービスが準備されているので、一度見てみると面白いですよ。

何歳になってもうれしい「グルメギフト」



グルメ系のギフトは何歳になってもうれしいもの…。テンション上がります。

カタログギフトは選ぶ楽しさもあってプレゼントでは定番とされてますね。

コースがいつくかあり内容が違うので、相手の好みをリサーチして選んでみてください。

スポンサーリンク