枯れない思いをギフトに込めて!注目集まる「プリザーブドフラワー」

プリザーブドフラワー

プレゼントの定番でありながらも、”衛生面”や”相手に負担をかけてしまう”という点から敬遠されることも多い花ギフト…。

そんな悩みを全て解決してくれた花が「プリザーブドフラワー」です。

贈り物にぴったりな枯れない花”ということで今注目を集めています。

「プリザーブドフラワー」とは?

プリザーブドフラワー

プリザーブド(preserved)は「保存」という意味を持ちます。

その名の通り、プリザーブドフラワーは「長期間にわたって綺麗な状態を保つことのできる花」です。プレゼント用の花として注目されています。

どうやって作られてるの?

プリザーブドフラワーは、「脱色→染色→乾燥」の手順で作られています。

脱水効果のある脱色液に生花を漬け、さらにそれを特殊な染料に漬け込み染色。これを乾燥させることでプリザーブドフラワーが完成します。

途中で、”長期にわたって保存出来る特殊な保存加工”を施すことで、生花の質感を長期間維持出来るようになっています。

 

製法が似ているのでドライフラワーの一種とされることもありますが、当然ながら通常のドライフラワーとは一味違います。

その特徴をこれから見ていきましょう。

プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの保存期間

保存環境で大きく変わってくるんですが、プリザーブドフラワーは2~10年もつと言われています。(永遠に枯れないわけではないんです)

これは早くて2年くらいで劣化が始まるということ。

一般的なドライフラワーは、2~3ヶ月で劣化が始まるので、それと比べてもかなり期間楽しめることが分かると思います。

 

プリザーブドフラワーの天敵は「温度」「湿気」「直射日光」。

5年以上楽しみたいなら、

  • 高温多湿の環境に置かないこと
  • 直射日光を避けること

この2点に気を付ける必要があります。

 

また、花がケース(透明のドームなど)で覆われているものと、まったく覆われていないものでも差が出てきます。

当然ケースに入っている花の方が長持ちします。ほこりも被りませんし、花びらを傷つける心配もありません。

水やりは不要

プリザーブドフラワーは、ドライフラワー同様乾燥させた花ですから水やりの必要はありません

この手間のかからなさが、ギフトに選ばれる人気の理由の1つ。

贈った相手に負担をかけない気遣いの現れる贈り物です。

染色による本物以上の鮮やかな色合い

色は、もともとの生花のものではなく、脱色後に染色した際の色が入ります。

つまり、本来はなら存在しない色の花を作ることが出来るわけです。それでいて質感はリアルな生花そのもの…。

カラーバリエーションが豊富なので、必ず気にいる色が見つかると思いますよ。

リアルでありながら、本物にはない鮮やかな色合いを楽しめるのがプリザーブドフラワーの面白さです。

ギフトにおすすめ!おしゃれなプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーといっても、色々な種類・形があります。

「ガラスの靴」「ガラスのドーム」「バスケット」「小さいボックス」など様々なアレンジメントで、おしゃれな置物としてデザインされています。

せっかくの長期にわたって飾れる贈り物です。置物としてのデザイン性にもこだわると、より喜ばれるギフトになるんじゃないでしょうか?

プリザーブドフラワーを取り扱っているネットショップをいくつか挙げておきます。

スポンサーリンク