ギフトのチョコレート選びは、開けて感動するトリュフアソートがおすすめ【PR】

おすすめのチョコレートギフト

バレンタインデーのみならず、お返しや手土産としても人気の高いチョコレート。ギフトとして迷ったら、断然トリュフアソートがおすすめです。

今回は、もらって嬉しいプレゼントの中でも、最高にワクワクする国産高級チョコのご紹介です。

見た目も豪華なチョコと言えばトリュフアソート

アソートとは選りすぐって詰め合わせた意味で、職人が自慢の品を集めたもの。その中でもトリュフアソートは見た目にも華やかで、箱を開けた時の感動も大きいです。

また、詰め合わせの個数によって、金額の幅を持たせられるのも、ギフトとして選びやすいポイントですね。

スーパーでも簡単に手に入るチョコレートですが、高級品となるとなかなか自分では手が出しにくいもの。普段はそんなに贅沢できない人にとっても、大変喜ばれる商品です。

トリュフアソートのおすすめポイント
  • 見た目が豪華で、箱を開けた時のインパクトが大!
  • 詰め合わせの数量によって、金額のバリエーションが選べる。

有名なベルギーチョコレートブランド


高級チョコレートと言えば、「ベルギーチョコレート」を思い浮かべる方も多いでしょう。王室御用達と言われる高品質なチョコレートブランドの中でも「GODIVA(ゴディバ)」は日本でもよく耳にするブランドですね。筆者も好きなブランドのひとつです。

世界的にもファンが多く、ベルギー産として認知されているゴディバですが、現在はトルコ企業、更に遡るとアメリカ企業の傘下だった時期もあり、日本で販売されているゴディバも原産国表記ががバラバラだったりします。

上画像のトリュフアソートは最も高価なもので14,580円 (税込)で販売されています。これらはベルギー産ですが、輸入コストもあってかなりの値段。ちなみにコンビニなどで見かける比較的安価な袋チョコなどはトルコ産やアメリカ産のものが多いです。

 

ベルギーチョコレートは、単に原産国のみならず、繊細な作りで高いカカオ含有量を誇るのが特徴です。

そんなベルギー産のクーベルチュールを輸入し、日本人のショコラティエが高い技術で商品開発を続ける企業がグランプラス

1991年の創業以来、国内有名ブランドや一流ホテルなどの商品を生産し、日本ではまだ珍しいペカンナッツ(クルミの一種)などで多くのファンを獲得したチョコレート専門メーカーです。

グランプラスこだわりのトリュフチョコレート

グランプラスチョコレート

プレゼントとして喜ばれる要素は、

  • パッケージの可愛らしさ
  • 開封した時のトキメキ
  • 期待を裏切らない品質

などでしょうか。

グランプラスのトリュフアソートには、これらの要素が全て詰まっています。

特に目を引くのは、素材のバリエーションの多さ。香り、食感、余韻の変化に加え、見た目も鮮やかで、他のメーカーにはないワクワク感があります。

ゴディバと比べても負けず劣らず、逆にグランプラスの方が好みというレビューも多いのは、おそらく日本人向けに商品が開発されているからでしょう。

実際、筆者も食べてみましたが、どれもずっと味わっていたい絶妙な仕上がりです。一粒で幸せな気分になれるのですからチョコの魅力って改めて驚きですよね。

こちらのアソートは、6個入り・10個入り・15個入り・24個入りと予算に応じて選べます。高級感満載のチョコレートギフト、きっと喜ばれますよ。

あー、私にも誰かプレゼントしてくれないかな~

スポンサーリンク