結婚式関係者への「心づけ」マナー。金額の目安まとめ

心づけ

結婚式・披露宴では多くの人にお世話になりますね。

司会者、カメラマン、着付け・メイク、介添え役、運転手などなど…。

ここでは、結婚式中お世話になった人への「心づけ」マナーをまとめます。

結婚式でお世話になった人への「心づけ」

結婚式・披露宴中にお世話になった人には、感謝の気持ちや幸せのおすそ分けをする意味で「心づけ」としてご祝儀を渡します。

司会役などを友人に任せた場合も、同様に心づけを贈るのがマナーです。

心づけを渡すタイミング

心づけは、”結婚式当日の顔を合わせたタイミング”に渡すのがベスト。

心づけには「本日はよろしくお願いします」という意味合いも込められていますからね。

心づけは誰が渡すべき?

心づけは、できる限り新郎新婦が直接渡すことをおすすめします。

しかし、当人達はいろいろな準備で忙しいので、実際は両家の親族が渡すことになるでしょう。

親、兄弟姉妹にサポートしてもらいましょう。

心づけの包み方

心づけとして包むお金は、新札を用意し祝儀袋やポチ袋に入れるようにしましょう

表書きには両家の名前を書きます。

心づけの表書き
  • 水引・・・結び切り
  • 表書き・・・寿、御礼、御祝儀

結婚式「心づけ」の金額の目安

それでは、心づけの金額の目安を見ていきたいと思います。

結婚式中の役割によって金額の目安も変わるので要注意です。

「会場スタッフ」への心づけ

会場スタッフへの心づけは、一人当たり1,000円前後が目安。

まとめて代表の人に渡すのもOKです。

(式場関係者の方が全てサポートしてくれる場合も、代表者にまとめて渡して構いません)

「司会者」への心づけ

司会者は友人が務めることもあります。その場合は10,000~30,000円が目安。

会場の方(プロ)に任せている場合は、その際の費用とは別に3,000円前後の心づけを準備しておきましょう。

「仲人・媒酌人」への心づけ

仲人(結婚から披露宴までお世話になった人)、媒酌人(披露宴のみお世話になった人)への心づけは、結納金の1~2割前後

結納金を交わしていない場合は、10~20万円、あるいは祝儀の2倍が目安です。

「カメラマン」への心づけ

写真撮影を友人にお願いした場合は、10,000円~30,000円が目安となります。

プロのカメラマンに依頼した場合は、依頼料とは別に3,000円前後の心づけを準備しましょう。

「運転手」への心づけ

会場までの車を手配した場合は、運転手に依頼料とは別に3,000円前後の心づけを準備しましょう。

ちなみに、役を頼んだ人の交通費も負担する必要もあります。「お車代」といい、交通費を切りの良い金額で渡します。

金銭的に難しい場合は半額でもOKですよ。

「受付」への心づけ

受け付けは、新郎新婦がそれぞれ1名づつお願いすることが多いです。

知人にお願いしたときは5,000円前後を目安としましょう。

「着付け・メイク・ヘアメイク」への心づけ

着付け・メイク係への心づけは、お色直しの回数によっても変える必要があります。

大体3,000円~5,000円が目安ですが、しっかり人数分を用意しておきましょう。

「介添え人」への心づけ

介添え人は、当日花嫁のそばに付き添い、新郎新婦をサポートする係です。

金額は3,000円~5,000円が目安。

スポンサーリンク