新築祝いのマナーまとめ!金額の目安、NGな贈り物は?

新築祝い

「引っ越し祝い」と「新築祝い」。

知人の新しい家に招かれたときに、手ぶらでというわけにはいきませんよね。

ここでは、引っ越し・新築祝いのマナーを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

引っ越し・新築祝いのマナー

まずは、お祝いの基本的マナー「金額の目安」と「贈るタイミング」を見ていきましょう。

金額の目安は?

新しい家具など揃えたいものがたくさんあるので、新築祝いには”現金”が喜ばれます。

新築祝いの金額の目安は5,000円~30,000円

友人や職場の同僚なら5,000円、兄弟や親戚は10,000円以上というのが一般的な目安です。

新築祝いの”のし紙”
  • 水引・・・蝶結び
  • 表書き・・・御祝、祝御新築、御新築祝、御引越御祝 etc

新築祝いのタイミングは?

新築祝いを贈るタイミングは、家に招待された時がベスト。

しかし、必ずしも新築披露の場が開かれるとは限りません。その場合は、新居が完成(引っ越し)してから1~2か月以内に、落ち着いたタイミングを見計らって贈りましょう。

新築祝いにNGな贈り物

続いて、引っ越し・新築祝い特有のNGな贈り物です。

火を連想させる贈り物

引っ越し・新築祝いにNG(不向き)な贈り物として代表的なのが、火を連想させる贈り物

これは火事につながるという意味から、新築祝いにはNGとされています。

新築祝いならではのマナーですね。家電を贈る時は要注意です。

 

赤色のものも基本的には避けた方が良いでしょう。

火を連想させる贈り物
  • ストーブ(暖房器具)
  • 灰皿
  • ライター
  • 赤い花
  • 赤い品 etc

壁にかけるもの

壁にかける必要があるものも新築祝いとしてはNGです。

どうしても、壁に穴を開けたり釘を打つ必要がありますからね。新築の壁を傷つけたくない人は多いです

もちろん喜ぶ人もいますが、その際は事前に話をしておきましょう。どちらかというと「置物タイプ」が喜ばれる傾向にありますね。

相手の趣味に合う品を贈ろう

新築祝い

これはどのお祝いにも当てはまりますが、とにかく相手の趣味をリサーチすることが大切です。

事前に贈り物の内容を知らせず、サプライズ的に贈るのももちろんうれしい…。でも新築祝いの場合はちょっと違います。

 

新築祝いといえば新しい家具や置物などの「インテリア」を贈るのが定番です。

しかしこれが難しいところで、当人がイメージしている室内のイメージにそぐわないインテリアは、正直置き場に困るもの…。

新築祝いにインテリアを選ぶ際は、あらかじめ相手の趣味を聞いておきましょう

相手の趣味を聞いてから選ぼう
  • 家具
  • キッチン用品
  • 置物
  • カーテン、カーペット etc

スポンサーリンク